Pocket

どのようなものでも、使い続けていれば、寿命が来て壊れてしまいます。特に値段が安いものだと、壊れやすいというイメージはないでしょうか。
そこで、格安スマホの寿命はどうなっているのか、どれくらい使えるのか調べてみました。

格安スマホの寿命はどれくらい?

まず格安スマホの本体の寿命ですが、大手キャリアのスマートフォンをそのまま利用できますから、寿命という面では全く同じです。
SIMフリーのスマホを新しく買った場合にはまた別ですが、ピンからキリまであって、一概にどうだとは言えないのが実情です。
それで、寿命についてですが、端末本体の寿命は4~5年だといわれています。

長く使うと、強制終了が多くなったり、うまく反応しなくなってきたり、最終的には電源が入らなくなるようです。
それからバッテリーですが、こちらは1~2年で交換するのが良いとされます。

格安スマホの寿命を延ばすにはどうしたら良いの?

本体寿命に関しては、丁寧に扱うとしか言えませんが、バッテリーの寿命であればいくつか気を付けることで、寿命を延ばすことができます。
1つが過充電をしないこと、もう1つが高温での使用を避けることです。
高温に関しては、使っているスマホが熱くなってきたら、使用をやめるように心がければいいですが、やりがちなのが、過充電でしょう。

寝る前に充電を始めて、起きるまでそのまま、というのはバッテリー寿命を減らす要因ですから、気を付けてください。

スマホの扱いを振り返ってみて

スマホの寿命を延ばすには、日ごろのちょっとした注意が大切です。
振り返ってみて、問題がありそうなところは直して、少しでも長くスマホを使い続けましょう!
また、バッテリーや寿命に限らず、スマホのスペックに興味があればこちらこちらも合わせてごらんください。

関連記事